2008年9月 自由が丘産能短大 通信教育課程 
ショップビジネスコースを卒業
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
環境問題
地球に優しい、地球を救う、地球を守ろうという言葉に、
人間の思い上がりが表れていることに違和感を感じる。

環境問題とは地球を救うのではなく、
あくまでも人類が生活水準を維持するためのものである。

(これがリアルな日本の論点 引用)
    
環境問題は奥が深い


| 21:20 | 雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
「環境問題」で新たな利権を獲得しようとしている組織も存在するそうですし、なかなか単純に考えられませんよね。
日本でいえば天下り団体とか…果たして役に立っているのか?と疑わしい組織がたくさん増えそうな。
もちろん真剣に対策に取り組まなければいけないんですが、個人に求める前に組織に求めて欲しいですね。
パチンコ屋とか、一体どんだけの量の電気を使用しているんだろう。
あと、家にプールがあるようなお金持ちとか(笑
無理だろうな〜
| 摂津 | 2007/12/09 15:35 |
そうそう!
個人レベルでは減ってきてるようだけど、
事業者レベルでは増えてるっていう現実があるそうです。
その辺が片手落ちだよね。

「エコ」に「募金」のようなものを感じてしまうのは、
やっぱ天邪鬼だからかな。
| annin | 2007/12/10 16:38 |









 
この記事のトラックバックURL

http://annin22.jugem.jp/trackback/643