2008年9月 自由が丘産能短大 通信教育課程 
ショップビジネスコースを卒業
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
青森県 大学入試、高校入試考察
おもいっきり地元ネタなので、興味のある方だけどうぞ。
今年のセンター試験、青森がかなり健闘したようで、
東北地方では平均点が第2位だったそうな。
でもそれは青高と八高が健闘したおかげであって、
他の高校がどうだったかはちとわかんない。
どこの高校でも弘大の希望者が1番多いわけだけど、
今年は多分前期でかなり落ちている。
それは人文が札幌でも入試が受けられるということに起因してるようだ。
センターが難化したので安全志向が多くて、
北大に届かなかった人がかなり流れているように思う。
北海道の人にしてみれば、北大の次に近場の総合大学だからね。
実は弘大は2次の配点が高い。(一部の学部を除く)
センターで油断して2次で取れない人が多いのでは。
高校ってあくまでセンター重視の授業内容で、
センターさえ取れれば、っていう方針なような気がする。
まあ、高校頼みってわけじゃ勿論無いが。
センター終わるとみんながみんな、糸が切れたようになってるし。
それじゃあダメなんだけど。

今年の高校入試は英語がかなり難しかったと騒がれてる。
英語が難しいということは、他の科目が得意な人にとっては有利なことで、
英語で差をつけようと思ってた人には不利になる。
でも実際は、先にやった英語があまりに難しくて動揺してしまい、
得意の数学で点数が取れなくて落ちている人もいる。
結局はどんな問題にしろ5教科全部自分の実力を出し切れる精神力を持った子が、
1番強いんだなと思う。
それと、去年から形式が変わってきたっていう青森県の入試問題。
他県と比べてどれ位の難易度なんだろう。
教育委員会の意図ってどこにあるんだろう。
中学の学力を底上げしたいというのか?
その辺をハッキリ中学校に提示しないと、また来年同じような批判が起こるのでは。
(それとも、もう提示済み?)
| 22:48 | 雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://annin22.jugem.jp/trackback/430